リンパマッサージで体を整える

体液を心地よく流すリンパマッサージ

足がむくみやすい、肩がこりやすいという方はリンパという体液の流れが滞っている可能性があります。
リンパとは血液のように体を流れていますが無色透明のためあまり普段意識することがありません。
血液は心臓というポンプで体内を循環しますが、リンパには心臓のようなポンプがないため、流れが滞りやすくむくみや肩こりの原因となってしまうことがあるのです。
そこでおすすめなのがリンパマッサージです。
このトリートメントはオイルを使ってボディをトリートメントすることでリンパの流れを活性化させてむくみを解消したり、肩こりをケアするという大変効果的なマッサージです。
リンパマッサージはエステでも受けることができますが、自宅でのセルフケアに取り入れることもできる手軽なマッサージです。
植物性のオイルを使って足や腕の指先、末端から体の中心に向けてさするようにトリートメントするとリンパが自然に流れてむくみ取りをすることができるのです。

" "

体液循環の促進に有効なリンパマッサージ

リンパマッサージとは、滞ってしまったリンパ液(体液)の循環を、マッサージを施すことでスムーズにすることです。
リンパの循環が悪くなると、老廃物が溜まり、むくみの原因になります。
また、体液の循環が悪くなると、皮下組織にある脂肪細胞を肥大化させる為、セルライト(肌がでこぼこしたオレンジの皮のように変化してしまう現象)を引き起こします。
このようなむくみやセルライトの対策に、リンパマッサージは非常に有効な手段と言えます。
まず、マッサージの方法について説明します。
手順としては、リンパの最終出口となる鎖骨から始め、徐々に遠くのリンパ節に向かっていくように進めていきます。
力の加減に関しては、皮膚の表面のみを刺激する程度のやさしい力で、「さする」ようにしましょう。
マッサージを最適な力で進める上で、オイルやジェルの併用をおすすめします。
ただし、リンパ節を刺激する場合は、やさしく「押す」ようにしてください。
リンパは体中に張り巡らされていて正確な位置を特定するのは難しいので、リンパの中継地となるリンパ節の場所を、正確に把握することが重要になります。
主なリンパ節の場所は、鎖骨、脇の下、顎の下、腹部、足の付け根、ひざ裏、耳の前、肘が挙げられます。

Favorite

Last update:2016/4/27

COPY RIGHT (C) 2015 Lymph Node. ALL RIGHT RESERVED