リンパマッサージで体を整える

リンパマッサージはリンパ節がポイント

血液が身体全体を周って細胞に栄養を送り込むのと反対に、リンパ液はリンパ管を流れて老廃物を摘み取っていく役目を果たします。
リンパマッサージではリンパ管の中でリンパ液が滞りなく流れるように外側からの圧力でサポートするという方法であり、これを継続する事によって排出機能が高まり、便秘解消や代謝アップにつながります。
エステやリラクゼーションサロンなどでも受ける事が出来ますが、ある程度のコツをつかむと自宅でも出来るようになります。
リンパマッサージをセルフで行う場合に注意するのは力を入れ過ぎない事です。
リンパは血管に比べて弱く少しの刺激で傷ついてしまう事があります。
その為優しく触れるくらいの圧力で行っていくのが鉄則です。
さらに膝や肘の裏側、鎖骨周辺、わきの下などにリンパ節という言わば老廃物の集積所のような部分があります。
この部分への刺激を少し強める事でさらに排出効果が高まって代謝アップを促す事が出来るでしょう。

リンパマッサージとリンパ節への注意点

リンパ管は全身を通っており、そこを流れるリンパ液が体中の老廃物の回収や排泄、ウイルスへの抗体を作る、異物や細菌が血管に侵入しないようにしているなどの働きがあります。
そんなリンパ管には所々にリンパ節と呼ばれるふくらみがあり、そこから新しいリンパ液や免疫抗体などを生産します。
リンパマッサージを行なう場合に重要なのが、このリンパ節です。
この部分にはリンパ液の中に溜まった老廃物や有害物質などがリンパ節に集められています。
つまり、リンパの流れを改善するためにはこの部分をしっかりマッサージするで、流れが改善できるようになります。
リンパマッサージのやり方としては、足の裏全体を指圧していき、足の甲を両手の親指で指先から足首に向かうように摩っていき、足首から膝裏を左右の手で摩り上げていき、太ももから付け根、背中から腰、腰からヒップラインにかけて円を描くように、お腹はヘソから時計回りで炎を描くように鳩尾から下に四本の指で摩り下ろすなどしていきます。
あまりリンパが溜まりやすい所は少し圧をかけながら、ほかは優しくオイルなどを使って行ないます。
あまり強い力で行なうとむくんでしまったり、血行障害の原因になってしまうため注意が必要です。

check

http://www.komodaru.co.jp/products/masu.php

2017/1/19 更新

COPY RIGHT (C) 2015 Lymph Node. ALL RIGHT RESERVED